熊田あつし事務所からのお知らせ
2/8(月)の予算委員会に熊田あつしが出席いたします。
NHKの中継もはいり、かなり注目の委員会になると思われます。
熊田あつしの出席は13時からの予定です。
ぜひご覧ください!

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■命について考える【その2】

昨日紹介した

「なぜ君は絶望と闘えたのか」

を呼んでから今までにあった事を思い出しています。


みなさん、山本孝史さんをご存知でしょうか?

山本さん


昨年12月、
胸腺がんのためにお亡くなりになりました。

議員生活を通じて、
社会保障やがん対策基本法など、
まさしく「いのち」と向き合って活動された、
すばらしい政治家でした。

山本孝史さんは、
私にとっても非常に大きな存在でした。

私が、2001年に
民主党の大阪1区の衆議院議員候補者として
公認内定していただいたのも、
この年行われた山本孝史さんの
参議院議員選挙の選対に入り、
大阪1区担当となったことが大きなきっかけの一つでした。

現在私が使っている黄色い街宣車も、
山本孝史議員が、
衆議院議員時代に使用していたものを
譲り受けた車です。


忘れられない瞬間があります。


山本孝史さんと僕たち夫婦が、
3人で一緒にいた時です。

山本さんの携帯がなりました。
その電話を聞いてから、
少し様子が変わった気がしました。

その後、一緒に90分ほどの講義を聞きました。

その話しが終わるとすぐに、
急用ができたからと言って、
待たせていた車に飛び乗って行きました。


後からお伺いしたら、
それは病院からの電話で、
「検査結果が出たからすぐに来なさい」
というものだったとのことでした。


そうです。
まさしく、病院から「がん」の宣告のための
呼び出し電話だったのです。


今思うと、山本さんは、
すぐ来なさいという電話の
意味するところが、
あの時わかっていたのだと思います。

それでも、
最後まで約束していたお話しを聞いていた
あの姿を思い出すと、目頭が熱くなります。


がんの告知の後、
山本孝史さんは、
それこそ命がけで政治に取り組んでおられました。

特に昨年の参議院議員選挙への出馬は、
自らの残された時間全てを政治に賭ける
その決意の表れだったのでしょう。

その姿は、政治家として本当に尊敬できるものでした。


その山本孝史さんの
人生の終焉を告知する電話の時に、
たまたま隣にいた巡り会わせを
単なる偶然とは思えない自分がいます。


何事も弟子が師匠を超えていくからこそ
進歩があります。
ここまで育て導いて下さった
諸先輩方を尊敬するからこそ、
今を生きる私たちは、
先輩方を乗り越える責務があります。

山本孝史さんの「思い」を
しっかりと受け止めて、
いつかあの世でお会いした時に、
胸を張って報告をできるように、
決意を新たに頑張ってまいります。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

熊田あつし

Author:熊田あつし
京都大学法学部を卒業後、三菱電機株式会社、国会議員公設秘書等を経て、大阪府第1区から、民主党公認で衆議院議員総選挙にチャレンジし、117,313票を頂戴し初当選。『あなたの声でくらしをつくりたい』みなさまのお声を国政に届けるべく活動中。

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。