熊田あつし事務所からのお知らせ
2/8(月)の予算委員会に熊田あつしが出席いたします。
NHKの中継もはいり、かなり注目の委員会になると思われます。
熊田あつしの出席は13時からの予定です。
ぜひご覧ください!

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■熊田あつしまるわかり ③

8日の事務所開き、鳩山由紀夫代表との演説会、
10日の水谷先生との街頭演説会etc.

10日以降も続々と応援弁士の来阪が決定し、
準備に追われる、うれしい悲鳴の毎日です。


今日は絶対みなさん知りたいと思う質問をしてみました^^


●どうして政治家を志したの?


二つの大きな理由があります。

ひとつは、自分の高校生時代の経験です。
私が高校生のとき、国鉄の分割民営化がありました。

以前にも書いたとおり、私の父親はその国鉄で車掌をしていましたが、
分割民営化で職をなくしました。

父にもそういった情勢についていけなかった所があったのかもしれませんが、
このとき私が感じたことは、政治の決断ひとつで暮らしは根底から
変えられてしまうことがあるということでした。

国鉄を辞めたその日から、なれない手つきでワープロのキーボードをたたき、
毎日のように徹夜同然の状態でデータ入力の仕事をしていた
両親の姿を見て、弱い立場の人間にしわ寄せを押し付ける政治の姿勢に
疑問を感じました。

確かに、国鉄の赤字は経営のあり方にも原因があったのでしょう。

しかし、自分の票と利権のために、必要のないローカル線を作らせ、
赤字をどんどんと増やしていった政治家の責任は問われることもなく、
それどころか分割民営化をしたヒーロー気取りで取り上げられる。

政治の理不尽さを痛感しました。

しかし、「だからこそそんな政治を変えたい!」と強く思うようになりました。


もうひとつは、「伝えたい!」「残したい!」という思いからです。

私は、風景写真を撮るのが大好きです。

自分が見て感動した景色を、「一人でも多くの方に伝えたい!」
そしてできうることなら、「この素晴らしい景色そのものを、次の世代にも
残してあげたい!」そう思うようになったんです。

そのためには、私の中で環境問題とエネルギー問題は
避けて通れないテーマとなりました。

だからこそ会社も、重電部門のある三菱電機に入社し、
エネルギーの現状を現場で学びたいと考えました。

しかし、学べば学ぶほど、政治の壁が大きく立ちはだかってきました。

やはり政治を変えなければならない、との思いが強くなりました。


別々におこったこの二つの思いが重なり、私は会社をやめ、
政治の世界に飛び込みました。

私は、「暮らしを守りたい」「環境を守りたい」という思い、
すなわち、私たちが受け継いできたものを、次の世代にしっかりと
伝えていきたいという思いで活動しています。


だからこそ、「子ども」「環境」「エネルギー」
私の3つの柱だと考えています。

  
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

熊田あつし

Author:熊田あつし
京都大学法学部を卒業後、三菱電機株式会社、国会議員公設秘書等を経て、大阪府第1区から、民主党公認で衆議院議員総選挙にチャレンジし、117,313票を頂戴し初当選。『あなたの声でくらしをつくりたい』みなさまのお声を国政に届けるべく活動中。

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。