熊田あつし事務所からのお知らせ
2/8(月)の予算委員会に熊田あつしが出席いたします。
NHKの中継もはいり、かなり注目の委員会になると思われます。
熊田あつしの出席は13時からの予定です。
ぜひご覧ください!

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■臨時国会終盤戦 残念ながら自民党欠席・・・

本日、13時から衆議院の本会議が開かれました。


内容は、下記の2法案の採決でした。

①「日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の
停止等に関する法律案」

②「原爆症認定集団訴訟の原告に係る問題の解決のための基金に対する
補助に関する法律案」

(内容に正確を期するためなんでしょうが、わかりにくくて長い名称
ですよね。)


①は、要は、小泉元首相の進めた郵政改革を見直すために、
その第一歩として、まずは郵政関係の株式の売却を凍結する法案です。
(あんまり、要してないか・・・)


この法案、郵政見直しですので、自民党内には当然賛成派がいます。

郵政造反をして、後に復党した人たちです。


そんな中から造反が出るのを恐れ、自民党は国会運営のあり方を言い訳に、
本会議を欠席をして、採決の場に姿をあらわしませんでした。

ちなみに、国民新党は言うまでもなく、公明党、社民党、共産党を始め、
自民党以外の党や議員は全員参加していました。

国会の審議や採決を、自分たちの党の内部事情でもてあそんでいる
感があります。


ここに至るまで、私の所属する国土交通員会でも、
自民党の方々の審議復帰を待って、前原大臣を始め、政務三役も一緒に、
何時間も委員室で待機したこともありました。

日程をあらため、審議を日延べしたことも何度もありました。


確かに、国会は最終的には多数決で、数の差で物事が決まります。
そんな意味で、自分たちの主張を世に示すために、
少々強硬なことをするのは理解します。

しかし、最終的に多数決で、自分たちの主張を通してきたのは、
これまで与党であった自民党も行ってきたことなのではないでしょうか。


過去がどうだ、というのではなく、
今後、できうる限り国民の皆様にご理解いただける国会となるよう、
新人としての視点を生かして頑張っていかなければならない。

そんな思いがする臨時国会最終盤になりました。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

熊田あつし

Author:熊田あつし
京都大学法学部を卒業後、三菱電機株式会社、国会議員公設秘書等を経て、大阪府第1区から、民主党公認で衆議院議員総選挙にチャレンジし、117,313票を頂戴し初当選。『あなたの声でくらしをつくりたい』みなさまのお声を国政に届けるべく活動中。

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。