熊田あつし事務所からのお知らせ
2/8(月)の予算委員会に熊田あつしが出席いたします。
NHKの中継もはいり、かなり注目の委員会になると思われます。
熊田あつしの出席は13時からの予定です。
ぜひご覧ください!

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■水谷修先生講演会 2

「水谷修先生講演会1」から、ちょっとあいてしまいました・・・
大阪では、10日から大阪府知事選挙が始まり、その影響で私も所用に忙殺されていまして、
ついつい日記アップするのがおくれてしまいました・・・

で、1の続きからですが、私の挨拶が終わり、
水谷先生にも登壇していただき、水谷先生と私の対談がスタートしました。

DSCN0088.jpg


対談を15~20分くらいで、と予定はしていたのですが、
内容については、ほとんど事前打ち合わせなしでした。

対談が始まると、水谷先生が、私と知り合った経緯や、
これまで政治と距離をおいていた自分が、何故私を応援するようになったかを語ってくれました。

水谷先生のお話を聞きたくて集まった方々の目が、
水谷先生を信じている方々の目が、
水谷先生に救いを求めてきた方々の目が、
みんなステージを向いていました。

私にかけてくださっている思いを聞かせていただいて、
本当にありがたいと思うと同時に、託された責任の重さをあらためてひしひしと感じました。

私は、対談が終わりステージを降り、水谷先生の講演が始まってからも、
冒頭の何分かは、先ほどの対談での先生の言葉を反芻しながら、
講演の内容をほとんど聞くことができませんでした。

先生の講演は、いつものように、実体験に基づく素晴らしいお話でした。


ちなみに、当日の話しの内容は、私のマイミクのユーミンさんが日記に書いてくれています。
客観的に聞かれたお話の内容は、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=677924699&owner_id=4512826
をご参考にご覧下さい。


講演が終わり、水谷先生が微笑みながら、私をもう一度壇上に呼んでくださいました。
何度も講演を聞かせていただきましたが、これまで以上に熱いものがこみ上げてきました。

講演終了後、水谷先生をはじめ、数人で食事に行きました。
水谷先生は、私を含めたJC(青年会議所)の仲間と、とことんまでつきあってっくれました。
30代の私たちの方が、先にふらふらになるくらいでした。
しかし、そのくらいの気持ちで、先生は私たちにいろんなことを伝えようとしてくれているのだと感じました。

私たちと別れた後も、きっとホテルの部屋で、子どもたちからのメールをチェックしたのだと思います。
そして、翌日は朝7時半の飛行機で新潟へ向かって行かれました。

すごい気力だと思いました。
「水谷先生の思いを受けて頑張ります」なんて言葉は簡単に言えるかもしれませんが、
遠く及ばないことを思い知らされました。

しかし、いつかは私たちを育ててくださった先輩を乗り越えていけるくらいにならなければ、
その方に失礼にあたります。
まだまだ遠い目標ですが、目標があるからこそ、ぶれずにまっすぐ進んでいくこともできます。

水谷先生の足元にも及んでいないかもしれませんが、
背中を見つめてまっすぐに歩いていきたいと思います。



8日の夕方、先生に電話をしたら、元気な声で、
「おー、新潟の講演も無事終わって、さっき逗子に帰ってきたところだ」とおっしゃってました。
あらためて、タフさを感じました。
やっぱり、まだまだ遠い目標です・・・
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

熊田あつし

Author:熊田あつし
京都大学法学部を卒業後、三菱電機株式会社、国会議員公設秘書等を経て、大阪府第1区から、民主党公認で衆議院議員総選挙にチャレンジし、117,313票を頂戴し初当選。『あなたの声でくらしをつくりたい』みなさまのお声を国政に届けるべく活動中。

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。